私の原点、節分の日の新年会です。

節分の今日、お世話になった始めのバッグブランドの社長宅での新年会です。

 

こんばんは。

国産オリジナルデザインバッグ・財布ブランド

イントロダクション

オーナーデザイナーの工藤友里です。

 

23歳から35歳まで!
12年間お世話になった会社の新年会 in 社長宅。

節分の今日、2月の第1日曜日は、
毎年恒例、
はじめに入ったバッグ問屋のオーナーデザイナーの社長宅におじゃまします。

ずっとお声かけていただいてきていて、
新年会へは、
私は、去年からの参加。

1人1品持ち寄り。

皆さん、料理上手。

私は通い慣れたデパ地下はポールボキューズの腕をお金で買い持参。

会社を離れて18年。

今でも付き合ってくださる社長、先輩に感謝。

そうそう、こんな感じだった!

社長や当時の先輩達とのたわいもない会話。

そうそう、このメンバーではいつでも下っ端。

皆んな10年、20年長く働いている会社だったなあ。
社長の人柄、会社の風土だったんだなあ。

ずっと教えてもらうことだらけの会社でしたが、
今日また、新たに見習わないとなあと、
思ったのです。

間違いなくこの日本の草分け的なバッグデザイナーの社長との出逢いがなかったら、
今の仕事はしていません。

デザイン以前のモノの考え方、捉え方に大きな影響を与えていただいた社長。

改めて感謝です。

社長に恥をかかさない仕事をしていかないと!
1年に1度、背筋を伸ばされる日でもあります。

 

 

→ <a href=”http://introduction-shop.com/”>お財布・バッグ通販SHOP</a>